「換気の見える化」CO2れんら君を導入しました!
2021-02-16
創ネットは、昨年の緊急事態宣言発令から、新型コロナウイルス感染拡大防止のためのガイドラインを策定し運営を行っております。
ガイドラインに「1時間に1回の換気」を記載していますが、
「本当に二酸化炭素の濃度は減っているのか?」
「人少ないけど、本当に換気しなければならないのか?」
など、疑問点がありました。

そこで、二酸化炭素を常時監視するする「CO2れんら君」を導入しました。


二酸化炭素濃度が高いとアラーム音が鳴り、メールも届きます。



「換気の見える化」で「換気バッチリ!」

厚生労働省の「換気方法について」で、二酸化炭素濃度が1000ppm以下が有効と記載されてます。
厚生省冬場における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法について

印刷用ページ このニュースを友達に送る